So-net無料ブログ作成
検索選択

星より機材>EM10とGPD赤道儀 [その他]

今宵は金星と土星が超接近するということで、天候の回復を願っていましたが、結局、曇雨天で失敗に終わりました。orz
このように星見できない日が続くこの時期は、どうしても機材の話題になってしまいます。
◆前置きが長くなりました。
今回は、所有機材の中で中間的な存在である、EM-10赤道儀(FS60C屈折)とGPD赤道儀(ED10cmF4屈折)をそれぞれ直焦点撮影仕様としました。(と、本人が思い込んでいるだけかも..笑)
★EM-10赤道儀(左)とGPD赤道儀(右)

(少なくとも見かけは直焦点撮影仕様としたつもり..笑)

★EM-10赤道儀(手前の短焦点鏡筒がFS-60C屈折)

↑奥の長い鏡筒がガイド用?観望用?10cmアクロマート屈折です。
(取付部分はボルト固定しただけで、未だ微粗動機構ありません)
★GP-D赤道儀(手前はガイド用FC60屈折鏡筒)

↑赤いバンドが巻いてあるのがED10cmF4屈折鏡筒
★自作望遠鏡取付プレート部分

↑DIY店からアングル材等を買ってきてプレート代わりにしました。
(搭載機材に耐えるだけの強度はあると思います=これも思い込み?)
★このプレートは、EM-10赤道儀にも取り付けることができます。

↑ただし、EM-10用プレートは幅が広いためGP-Dに取り付けできません。
(↑EM-10用プレートのアリ型を変更により取付可能となるので、検討中)
★GP-D赤道儀はSS2000PC仕様。EM-10赤道儀もハンドコントローラにガイド用端子コードを接続し、両者オートガイド可能です。(の筈?..笑)

↑いずれにせよ、晴れ間をみて実際にオートガイド撮影してみないことには..。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。