So-net無料ブログ作成
検索選択

機能設定>ペンE-P1 [その他]

相変わらず雨の一日だった。退勤時、近くの書店へ寄り道。
新機K-7も含めたデジ一眼比較検証記事が載っているというデジタルカメラマガジン誌8月号は立ち読みで済ませてしまった。
で、ついでに他誌を見ていて目に付いたのが↓コレ
cameraman0316x.jpg
表紙の「..K-7はライバルを超えた、か?」が気になり、立ち読み。
かいつまんで言うと、ペンタックスK-7はなかなか健闘している。
但し、他社に対して絶対的アドバンテージは感じられない。
といった内容だったか?と思う。
もう一つは、「人気機種別プロが実践&推奨する機能設定術」
ペンE-P1についても34pに記事があった>お買い上げ決定!(笑)
proaf0308sqsv.jpg
クルマに戻って早速開封>P34を見ながら、主にダイヤル機能設定を試みる。
(実は、ペンE-P1を使い始めて実用性・即写性に関して少々問題を感じていた)
気になっていたのは、主にAF動作についてだった。
多くのカメラがそうであるように、通常は、シャッター半押しでAF動作である。
これを静止画撮影時はMFとし、背面のAEL/AFLボタンを押したときAF動作するように変更した。
車中から早速試写。
★雨粒の付いたガラスウィンドウを撮影してみる。
(AF動作が迷いやすく、撮影者の意図に反する場合が生じるシチュエーション)
【1】AEL/AFLボタンを押して(=AF作動)で撮影
rainwindw0313x.jpg
↑AEL/AFLボタンを押すと、あっさりガラスに付いた雨粒に合焦する↑
【2】ピントリングを回して(MFモード)ガラスの外側のクルマを撮影
carwindw0315x.jpg
AEL/AFLボタンを押さなければ、ピントはMFのままで、うっかりピント不良画像をつくってしまいそうだ。
ただ、AEL/AFLボタンを押せば即AF動作するので、慣れればこの設定の方が使い勝手が良いと自分は思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。